*

電子マネー活用でへそくりを貯めることが可能です

公開日: : 最終更新日:2014/08/25 貯金を増やすノウハウ

●ポイントを貯めてお金に換えよう!

 

ilm2007_02_0103-s

 

みなさんは買い物をするときに現金で払っていますか?

 

どんなお店に入っても、かならず支払いできるのが現金のよさですよね。
ふだん買い物に行くお店、勤め先の近くでたまたま見つけたお店、旅先でフラッとはいったお店などでも、お買い物での支払いに困ることはありません。

 

もし、みなさんが

 

同じお金を使っていても、出来るだけ安く買い物をしたり、へそくりを貯めたい」などとお考えでしたら、

 

「出来るだけ無理のない範囲で(ここ重要)」

支払いに電子マネーとクレジットカードを取り入れてみることをぜひおすすめします。

 

これには理由が二つあります。

 

まず、

 

(1)あまり複雑だと長続きしない

 

ふだんから忙しく、常に何かの仕事に追われている主婦のみなさんにとっては、時間だって大事な資源。

 

お金も大事ですが、あまり時間を割いてまで複雑な手続きをしているのはもったいない!
だからなるべく簡単なほうがいいんです。

 

(2)支払いが楽で安心

 

電子マネーには「チャージした分だけ使える」という特徴があります。
これは使いすぎの防止としても有効ですが、それに加えて、「家計の袋分け」としても有効なのです。

 

予め必要な分としてチャージしてしてしまえば無駄遣いの防止にもなります!

 

さらに、チャージのときにクレジットカードを経由すれば、

 

クレジットのポイント+電子マネー使用ポイント」の「二重取り」が簡単にできるのでおすすめです!

 

もちろん、ためたポイントは支払いと同じですからお金として使えば、その分へそくりとして貯めることが可能!

 

みなさんがふだんよく行くお店で使える電子マネーとクレジットカードを組み合わせるだけで、へそくりの金額大幅アップ!
ぜひお試しあれ!!

関連記事

clpl068-s

意志が弱い人でも続けられる貯金方法は?

  私も主婦をしており、そして今まさに貯金をこつこつとしている最中です。

記事を読む

ilm201201_024r-s

スマホで貯金が増える「お小遣いアプリ」って知ってますか?

●お小遣いアプリでコツコツ貯めよう     私もへそく

記事を読む

no image

ライトコインの特徴とは?

仮想通貨が今、注目を集めていますが、もっとも認知度が高いのはビットコインでしょう。 このビット

記事を読む

plt023a-s

旦那にバレずにへそくりを貯める方法

  結婚して、自由に使えるお金が、独身時代よりぐーんと減り、どうにかお金を貯

記事を読む

no image

クラウンバンクの仕組みとメリット

新しい時代の投資として注目を集めているクラウドバンクですが、何となく聞いたことがあるけれども実際には

記事を読む

no image

代金は他社より安く、テキパキと働いてくれた

アリさんマークの引越社に頼んだ方の口コミを見ると、代金は他社より安く、テキパキと働いてくれたなど概ね

記事を読む

ilm2007_02_0048-s

タスクで1日500円の収入。月1万円はあっという間に稼げます

●簡単な副業で収入を貯めよう     へそくりを貯めた

記事を読む

no image

ネット注文によるクリーニングの利便性

洗濯物が面倒だったり雪や雨風の天候不良、洗濯が難しい状態の時にはクリーニングを利用する事が望ましいで

記事を読む

no image

無料でお得がいっぱいのファミマTカード

入会金、年会費無料のファミマTカード。 これだけでも、作らないと損なようにも思えるファミマTカ

記事を読む

no image

安くて住みやすい賃貸アパートの探し方とは

安くて住みやすい賃貸アパートを見つける方法としては、できるだけネットなどを使わずに自分の足で不動産屋

記事を読む

no image
マネパカードでビットコインを両替する際の注意点について

マネパカードでビットコインを両替したいなら、まずは提携しているビットコ

no image
安さと他の仮想通貨には見られない特徴が魅力のネム

昨今、少しずつ仮想通貨の知名度が上がってきていますが、数ある中でも価値

no image
ライトコインの特徴とは?

仮想通貨が今、注目を集めていますが、もっとも認知度が高いのはビットコイ

no image
リップルの4つのメリット

リップルはビットコインと同じように仮想通貨の一種でGoogleが出資し

no image
イーサリアムとビットコインは比較して選ぼう

仮想通貨というのは、今まで現金でばかり買い物をしてきた人にしてみればど

→もっと見る

PAGE TOP ↑